CloudGarageでWordPressが使えるOSイメージが多い件

この記事は #CloudGarage Advent Calendar 2018 19日目 の記事です。

アドベントカレンダーも後半です、クリスマスも近づいて来ましたね。
みなさまクリスマスの予定は決まっていますか?
ちなみに、私は決まっていません。というか家に引きこもってゲーム三昧だと思います。

さて、アドベントカレンダーということで、何を書こうか迷ったわけですが、
これまで専用サーバとかVPSとかいろいろ使ってきたんですが、
CloudGarageにPleskが載っかるようになって個人的なサーバをすべて
CloudGarageにお引越ししました。

なので、お引越しの話でも書こうかと思いましたが、
scpでファイルコピーしました。めでたしめでたし。と1行で終わってしまう勢いだったので
ちょっとひねり出して考えてみました。

『CloudGarageってWordPress使えるOSイメージ多いんじゃない?』

BOXプランしかなかった頃はこのblogでも使ってるWordPress/Ubuntuしか
存在しなかったのが、気がつけばいつのまにかKUSANAGIが使えたり、
PleskでWordPressを簡単便利に管理できるようになってたりと、なんだかんだで
簡単にWordPress環境を構築できるOSイメージとプランが増えてました。

ということでどれを使えばいいのかわからなーい。という状態になりそうなので、
ちょっと実際に試してみてどのテンプレートがどんなものなのかを解説してみたいと
思います。

画像の通りアプリケーションからOSイメージを選択するとWordPressがすぐに
使えそうなイメージが3つほどあります。
WordPress/Ubuntu-16.04-64bitは初期の頃からあるOSイメージでUbuntu環境に
WordPressのファイルが置いてあるとてもシンプルなOSイメージです。
KUSANAGI/CentOS-7.3-64bitはご存知高速WordPress環境を構築できるKUSANAGIが
入ったOSイメージです。
Plesk/CentOS-7.3-64bitはサーバのコントロールパネルとしてPleskがインストール
されるOSイメージです。

OSのバージョンや入っているパッケージなどいろいろ違う点はありますが、
インストールして簡単な作業をするだけですぐにWordPressでサイト構築できる点は
共通しています。

それぞれセットアップ方法の詳細を書くと長くなってしまうので簡単に
まとめますが、Wordpress/Ubuntu-16.04-64bitは過去にこのblogで触れていますが、
インスタンス起動後に/root直下にあるwordpressにあるファイルを/var/www/htmlへ
移動してMySQLのデータベースとユーザの作成を行えばOKです。
その後ブラウザでアクセスするとWordPressのセットアップ画面になります。
KUSANAGI/CentOS-7.3-64bitはインスタンス起動後にkusanagiコマンドで初期設定を
行い、ブラウザでアクセスするとWordPressのセットアップ画面になります。
Plesk/CentOS-7.3-64bitはPlesk画面上からWordPressのアプリケーションを
インストールするだけ。
サポートサイトなどにもセットアップ方法が書いてあるので参照すると良いですね。

さて、ではこの3つのOSイメージとWordPressホスティングプランの4つからWordPressの
動作する環境を選ぶことができるわけですが、どれを選べばいいのかを考えます。

まず、導入の難易度から考えます。
WordPress/Ubuntuは基本的にコマンドでの操作でインストールを行う必要があるため、Linuxコマンド操作が可能であることが必須条件になります。
Linuxコマンド操作に不慣れだとハードルが高いですね。
次にKUSANAGI環境ですが、CloudGarageのOSイメージでは初期設定等コマンドが
必要になります。
同じくKUSANAGIを使っているWordPressホスティング環境ではインタンス起動後に
ブラウザでアクセスするだけでWordPressの設定画面になるので難易度が下がります。
PleskはGUIがあるので、コマンド操作に不慣れであればGUIでWordPressのインストールを
完結できるPleskを選ぶのが簡単ですね。
PleskではWordPress Toolkitもインストールすると複数サイトやバージョン管理なんかも
簡単にできるのでサイトを複数作って管理したい場合にも向いていますね。

コマンド操作に慣れているかどうかで判断するというのは1つの手段ですね。

次に速さをベンチマークで比較してみました。
ベンチマークは自分のPC(Mac)からabを使い計測してみました。
スペックを合わせるため、CPU 2Core メモリ2GB SSD100GBの環境で計測しています。
KUSANAGIについてはWordPressホスティングプランを利用しています。

結果は以下の通り。
WordPress/Ubuntu
Failed requests: 0
Requests per second: 53.62 [#/sec] (mean)
Time per request: 1864.981 [ms] (mean)
Time per request: 18.650 [ms] (mean, across all concurrent requests)

KUSANAGI(WordPressホスティングプラン利用)
Failed requests: 0
Requests per second: 92.36 [#/sec] (mean)
Time per request: 1082.686 [ms] (mean)
Time per request: 10.827 [ms] (mean, across all concurrent requests)

Plesk(インストール直後のデフォルト状態)
Failed requests: 0
Requests per second: 7.72 [#/sec] (mean)
Time per request: 12948.650 [ms] (mean)
Time per request: 129.487 [ms] (mean, across all concurrent requests)

Pleskが圧倒的にパフォーマンスが低くなってしまいました。
これはPleskのインストール直後のデフォルトがPHP5.4であるとかApacheモジュールを
利用しているとか、そのあたりがパフォーマンスが低下する要因になっています。
PleskはGUIでPHPの実行環境を変更できるので古いバージョンのPHPを使う明確な
理由がなければセキュリティ面、速度面も改善しているPHP7系に変えてしまいましょう。
ドメイン→PHP設定から変更できます。

Plesk(PHP7.2.13、FPMアプリケーション+nginxに変更)
Failed requests: 0
Requests per second: 46.19 #/sec
Time per request: 2165.114 ms
Time per request: 21.651 [ms] (mean, across all concurrent requests)

ベンチマークのスコアがかなりあがりました。GUIの選択一つでここまで変化するのは
すばらしいですね。

比較してみるとKUSANAGIが圧倒的です。他の環境と比べて2倍近いRpsが出ています。
Pleskはデフォルト状態だとPHPの実行環境の問題もありかなり低速ですが、
変更することでWordPress/Ubuntuと遜色ない結果となりました。
ということで、速度を求めるサイトであればKUSANAGI環境を採用するのが良さそうです。

まとめ
GUIで簡単に複数サイトを管理したい場合はPlesk
サイトのレスポンス速度を求めたい場合はKUSANAGI
自分で色々サーバ環境含めて弄りたい場合はWordPress/Ubuntuもしくは自分の好きなOS
みたいな感じで選べばよいのではないでしょうか。

余談
この記事を書いている最中にブラウザが落ちるという不運に見舞われましたが、
自動保存されていて事なきを得ました。
すばらしいですねWordPress。

書き終わったたあとで気づいたけど、
数年前に書かれたとあるアドベントカレンダーのネタと丸かぶりしてて焦る。
でもいまさらなのでこのまま世に出します。

空の上からリモートデスクトップしてみた

お盆の3連休で帰省していたのだけど、行きは新幹線(ひかりの自由席でなんとか座れた)で帰りは飛行機(JALの普通席)という
手段で往復したのだけど、正直新幹線のWi-Fiはおそすぎて使い物にならないんで行きは携帯のテザリングで通信。
で、帰りはJALだったから無料で機内Wi-Fiが使えるってことで試してみた。

接続方法は座席のポケットに入ってるマニュアルを見ればわかるけど、事前に準備しておきたいならJALのサイトを見ておくといいかも。
ISPとしてGogoという会社を利用するので、先にアカウントを作っておくほうがスムーズ。

gogoinflightというAPにWi-Fi接続して、airborne.gogoinflight.comをブラウザで開くとポータル画面が出てくるので
そこから接続ボタンを押すとインターネットにつながるようになる。Gogoアカウントを持ってなければこの時に登録すればOK。

接続してからVPN利用して、リモートデスクトップで別端末に接続してみたけど、そこそこ遅いけど全くダメっていうレベルではなかった。
新幹線よりは全然使える感じ。
空の上にいる時に急な仕事したりとか有りだと思った。

ただ、東京-大阪でのフライトだと離陸5分後から着陸5分前までしか使えないしテーブル出してPC使用できる時間は
それよりも短いので使える時間は割りと少ない。(スマホとかタブレットならもうテーブル要らないからちょっと長く使えるけど)
もう少しフライトの長い便なら結構使えそうだと思った。

今までANAばっかり使ってたけど、JAL座席の質もいいし今後はJALメインにしようかなーと思った。

カラオケファンタジーでVRカラオケを体験してみた

早速blogタイトルの「CloudGarage使ってみるよ」とは関係ない記事を投稿する。
まぁ、個人的なメモだし?
いいかな? いいよね? うん よしOK。

ということでVRカラオケって何ぞいな?というのは↓のプレスリリース見てもらうとして。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000011586.html%E2%80%8B

やってみました。

VRゴーグルつけてカラオケを歌うの図

写真がこきたないオッサンで申し訳ない。

VRゴーグルを付けて自分が広いステージ上で歌っているような感覚で歌える。
目線・・・というかヘッドセットのセンサーの向きで演出が出るようになってて火柱が上がったり、花火が出たり、桜吹雪が舞ったり、雨が降ったり、スモークが出たりなどなどいろんな演出が楽しめる。

ただ歌詞が少し足元に見えるような感じになってて、歌詞ばっかり見てたら演出が出せないから、演出出したいなら歌詞をある程度覚えてる曲でやるのがいいね。

部屋にはVRゴーグル付けている人の視点が映るモニタと客席側からステージを見るモニタの2つがついてて、VRゴーグルを付けてない人も同じ空間に居るんだーって感じを出してくれる。

VRゴーグルつけて広い空間(そう見える)で歌い終わってゴーグル外すと狭いカラオケの部屋という現実に一気に引き戻されるのはちょっとおもしろい感覚だった。

1時間3,000円(税別)で部屋料金なので人数増えても値段同じで新宿とか水道橋とか船橋とかそのあたりで体験できるので1人だとちょっとお高いかもなので3〜4人位でいってみるといいかも。

はろわー。CloudGarage使ってみるよ。

CloudGarage使ってみるよ。
まずは、使ってみたメモを書くところが必要なのでblogを立ち上げることにした。

WordPressの環境が欲しいけど自分でダウンロードしてきて云々するのすらめんどくさいめんどくさがり屋なので
とりあえずアプリケーションテンプレートのUbuntu + WordPressで環境を立ち上げてみた。


サーバ追加ボタンをおしてサーバスペック選択して(BOX3の一番低いやつ契約してるから他の選択する余地ないけど。)、OS/イメージ選択で、アプリケーションから選択を選ぶと
Wordpress/Ubuntu-16.04-64bitってのがあるからそれを選択。

接続許可ポートは必要最低限のHTTPとHTTPSだけ。SSH許可してもいいんだけど、コントロールパネルの画面からコンソールも使えるから
とりあえず最初は許可しないでおく。必要になったら許可すればすぐつながるようになるしね。
で一番下の右にあるサーバ作成ボタンを押すと作成が始まってしばらくしたらサーバのできあがり。
とっても簡単でらくちんだね。

次に実際にWordPressをセットアップするのだけど、WordPressのセットアップ方法は公式FAQ
<アプリケーションテンプレート>WordPress利用方法を見ればかんたーん。

mysqlのデータベース作成して、ユーザとパスワード設定して、wp-config.phpを編集して
/root/以下にあるwordpressディレクトリを/var/www/html/ディレクトリに移すだけ。
コンソールから操作してあっさりできちゃう。
(FAQからコピーしてきたものをメモ帳とかでDB名、ユーザ、パスワードの部分だけ書き換えてsshでコマンド貼り付ければもっとあっさりできちゃう)

ね、簡単でしょ?

あ、WordPress更新時にFTPアカウント聞かれて困るなら
/var/www/でchown -R www-data:www-data htmlとでもすればいいんじゃないかな。

とりあえず、このblogで使ってみたメモとかしていこうかなーと思うです。