はろわー。CloudGarage使ってみるよ。

CloudGarage使ってみるよ。
まずは、使ってみたメモを書くところが必要なのでblogを立ち上げることにした。

WordPressの環境が欲しいけど自分でダウンロードしてきて云々するのすらめんどくさいめんどくさがり屋なので
とりあえずアプリケーションテンプレートのUbuntu + WordPressで環境を立ち上げてみた。


サーバ追加ボタンをおしてサーバスペック選択して(BOX3の一番低いやつ契約してるから他の選択する余地ないけど。)、OS/イメージ選択で、アプリケーションから選択を選ぶと
Wordpress/Ubuntu-16.04-64bitってのがあるからそれを選択。

接続許可ポートは必要最低限のHTTPとHTTPSだけ。SSH許可してもいいんだけど、コントロールパネルの画面からコンソールも使えるから
とりあえず最初は許可しないでおく。必要になったら許可すればすぐつながるようになるしね。
で一番下の右にあるサーバ作成ボタンを押すと作成が始まってしばらくしたらサーバのできあがり。
とっても簡単でらくちんだね。

次に実際にWordPressをセットアップするのだけど、WordPressのセットアップ方法は公式FAQ
<アプリケーションテンプレート>WordPress利用方法を見ればかんたーん。

mysqlのデータベース作成して、ユーザとパスワード設定して、wp-config.phpを編集して
/root/以下にあるwordpressディレクトリを/var/www/html/ディレクトリに移すだけ。
コンソールから操作してあっさりできちゃう。
(FAQからコピーしてきたものをメモ帳とかでDB名、ユーザ、パスワードの部分だけ書き換えてsshでコマンド貼り付ければもっとあっさりできちゃう)

ね、簡単でしょ?

あ、WordPress更新時にFTPアカウント聞かれて困るなら
/var/www/でchown -R www-data:www-data htmlとでもすればいいんじゃないかな。

とりあえず、このblogで使ってみたメモとかしていこうかなーと思うです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です