カラオケファンタジーでVRカラオケを体験してみた

早速blogタイトルの「CloudGarage使ってみるよ」とは関係ない記事を投稿する。
まぁ、個人的なメモだし?
いいかな? いいよね? うん よしOK。

ということでVRカラオケって何ぞいな?というのは↓のプレスリリース見てもらうとして。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000011586.html%E2%80%8B

やってみました。

VRゴーグルつけてカラオケを歌うの図

写真がこきたないオッサンで申し訳ない。

VRゴーグルを付けて自分が広いステージ上で歌っているような感覚で歌える。
目線・・・というかヘッドセットのセンサーの向きで演出が出るようになってて火柱が上がったり、花火が出たり、桜吹雪が舞ったり、雨が降ったり、スモークが出たりなどなどいろんな演出が楽しめる。

ただ歌詞が少し足元に見えるような感じになってて、歌詞ばっかり見てたら演出が出せないから、演出出したいなら歌詞をある程度覚えてる曲でやるのがいいね。

部屋にはVRゴーグル付けている人の視点が映るモニタと客席側からステージを見るモニタの2つがついてて、VRゴーグルを付けてない人も同じ空間に居るんだーって感じを出してくれる。

VRゴーグルつけて広い空間(そう見える)で歌い終わってゴーグル外すと狭いカラオケの部屋という現実に一気に引き戻されるのはちょっとおもしろい感覚だった。

1時間3,000円(税別)で部屋料金なので人数増えても値段同じで新宿とか水道橋とか船橋とかそのあたりで体験できるので1人だとちょっとお高いかもなので3〜4人位でいってみるといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です