空の上からリモートデスクトップしてみた

お盆の3連休で帰省していたのだけど、行きは新幹線(ひかりの自由席でなんとか座れた)で帰りは飛行機(JALの普通席)という
手段で往復したのだけど、正直新幹線のWi-Fiはおそすぎて使い物にならないんで行きは携帯のテザリングで通信。
で、帰りはJALだったから無料で機内Wi-Fiが使えるってことで試してみた。

接続方法は座席のポケットに入ってるマニュアルを見ればわかるけど、事前に準備しておきたいならJALのサイトを見ておくといいかも。
ISPとしてGogoという会社を利用するので、先にアカウントを作っておくほうがスムーズ。

gogoinflightというAPにWi-Fi接続して、airborne.gogoinflight.comをブラウザで開くとポータル画面が出てくるので
そこから接続ボタンを押すとインターネットにつながるようになる。Gogoアカウントを持ってなければこの時に登録すればOK。

接続してからVPN利用して、リモートデスクトップで別端末に接続してみたけど、そこそこ遅いけど全くダメっていうレベルではなかった。
新幹線よりは全然使える感じ。
空の上にいる時に急な仕事したりとか有りだと思った。

ただ、東京-大阪でのフライトだと離陸5分後から着陸5分前までしか使えないしテーブル出してPC使用できる時間は
それよりも短いので使える時間は割りと少ない。(スマホとかタブレットならもうテーブル要らないからちょっと長く使えるけど)
もう少しフライトの長い便なら結構使えそうだと思った。

今までANAばっかり使ってたけど、JAL座席の質もいいし今後はJALメインにしようかなーと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です